育毛剤の効果を確かめよう【頭皮トラブル改善アイテム】

男性

毛髪サイクルの基礎知識

手を広げる男性

毛髪のサイクルとは

まず頭に入れておきたい重要な知識として、髪は成長段階で3つのローテーションがあります。 髪の成長段階で3つのステージとは、髪が伸びていく段階そして、育成が停滞する段階、さらに抜けて無くなる段階で1つのサイクルとして成り立ちます。 薄毛に関して、最も難しいのが、停滞しているときで、この継続期間にある髪はさらに伸びることがありません。ですから、この停滞期にどう対応するのかが、非常に重要になってくるといえます。依然として、髪は、頭部の肌にある状況下で、成長していない状態が続きますので、一時期、薄毛が進行している印象があったけれど、時間が経つと、ふたたび生えてきたことが起こるのは、そういう理由になります。

成長期に効果的に作用する

停滞期の髪は元来成長をほとんどしない状況にあります。従って、育毛剤を活用してようやく頭部の肌の環境を改良しても、その髪には効き目がありません。 1本の髪において、成長時期が2年〜3年程度そして、停滞期が数か月くらいということになっています。ですから、成長期の髪のほうが多いといえます。従って、一部、停滞期の毛髪があっても、全体的には髪は成長しているので、育毛剤を利用していても成長期の髪に効果が生じます。 生育している時期の髪に対しましては、成長因子を与えるほど良いといえますので、育毛剤の有効性が最も感じ取ることができるといえます。ですので、育毛剤を効果的に使うということは、この成長期の毛髪に、働きかけて薄毛対策をしているということです。